こんにちは、ぽんたろうです!

最近のバレンタインデーは、ひと昔前と違って気軽にチョコレートを渡し合う習慣が出てきました。
それでも不動の主役は「本命チョコ」に変わりありません。

チョコを贈るほうも贈られるほうも、相手が本命ならば、どのくらい脈があるかは絶対気になるところ!

今回は、バレンタインの脈ありサインとして、ありがちな反応を集めました。
これらを参考に、次の作戦を練ってみるのもいいかもしれませんよ^^

スポンサーリンク

【男性用】女性からの脈ありサインはココをチェック

近年は「友チョコ」や「強敵チョコ」など、理由なんてなんでもござれという感じで、チョコを渡しあっています。

でもやっぱり気持ちのこもった「本命チョコ」を渡すときには、ただの友達とは違う何かしらのサインがあらわれるようです。
ここでは男性必見の、女性が男性へ渡す時にあらわれる「脈ありサイン」を3つご紹介しましょう!

他の人より明らかに高品質なチョコを渡された

好きな子からのチョコレート。
義理なのか本命なのか?気になりますよね。

渡されたチョコレートが、高級ブランドのチョコレートだったりしたらテンションUP!という男性も多いのでは?

 

特に、他の人には小袋のチョコレートだったのが、自分には箱入りのブランドチョコレートだったりしたら…!
想像するだけでたまりませんね^^

照れ屋な女の子なら、手作りチョコのトッピングだけがちょっと特別だったり、ラッピングが少しだけ豪華だったりする場合もあります。
恥ずかしくて、本命男子にさえ気づかれないくらいの「小さな差」しかつけられない女の子だっています。

 

「好きな子から量産品のチョコをもらった…」
と落ち込む前に、他の男性がもらったチョコの中身をリサーチしてみましょう。

義理に見せかけて実は本命だった、なんてこともあるかもしれませんよ?

しかし高級チョコだったからといっても過信は禁物!
友チョコでも、相手の好みやイメージを考えて特別っぽいチョコレートを選べちゃうマメな女子もいるのです。

この場合男性からすると、マメというか小悪魔…?
みんなに特別なチョコをあげられちゃう小悪魔ちゃんには要注意です!!

チョコにプレゼントや手紙が添えられていた

お世話になった人に、控えめなチョコレートと一緒にちょっとした御礼の品を送る場合もあります。
目上の人や、「あまりチョコレートは食べないかな?」という人に贈ることが多いようです。

しかし上記に当てはまらない場合で、プレゼントや手紙が添えられていたら期待大!

まるで昭和のラブコメのように、手編みのマフラーをプレゼントされたり、「好きです」と書かれた手紙なんてベタな展開もまだまだあるようです。

 

けれど、渡す側の女の子は本気の恋ならなおさら、いろいろなことを考えています。

「手作りのプレゼントは重いかも」
「好きなんて書いて振られちゃったら…」

一生懸命考えて悩んだ結果、そっけない品物や「いつもありがとう」みたいな感謝の手紙になってしまう場合も。
「嫌われるくらいなら好きだっていう気持ちにも気づいてもらえなくていい!」
そんな臆病な女の子もいるのです。

もらったチョコレートにプレゼントや手紙が添えられていたら…。
「他の男性より少しは好感度が高いのかな?」

くらいには気付いてほしい、そんな複雑な乙女心かもしれません。

こっそり渡された

友チョコや義理チョコは、みんなでわいわい交換するイメージですが、本命チョコはそうはいきません。

みんなの前で堂々と本命チョコを渡せる女の子なんてほとんどいないでしょう。
「チョコを渡したいから」と男性を呼び出せる女性も少数ではないでしょうか。

では多くの女性は?といえば、本命の人にさりげなくチョコレートを渡せる瞬間を、そわそわしながら待っています。

 

本命チョコをくれるかも?という女性がいるなら、ちょっとみんなの輪から離れて一人になるなど、適度な隙を作ってあげましょう。

ただし!それが不自然すぎるとイタイ奴になってしまうので、塩梅がむずかしいところです^^

【女性用】受け取った男性の脈ありサインはココをチェック

相手の反応が気になるのは、渡す側の女性だって同じこと。
「次の一手」を攻めに持っていくかは、男性側が発するサインをしっかりチェックしましょう。

ホワイトデーのお返しを約束してくれた

チョコレートを受け取って「ありがとう!」なんて爽やかに笑ってくれたらそれだけでOK!なんて女子も多いのでは?
けれども、脈アリかどうかは「ありがとう」の言葉だけではわかりません。

 

男性は基本的に無精です。
興味のない相手には極力手間を掛けたくない人も多いはず。

だからこそ「絶対お返しするね!」とホワイトデーのお返しを約束してくれたなら、ちょっと期待してもいいかもしれません。

 

ただし「ホワイトデーにも会える!」なんて無防備で舞い上がってはいけません。
イケメンであれば、女性に慣れたプレイボーイの可能性もあるので、そこは彼の性格をよく見極めてくださいね!

 

とはいえ、女性側からホワイトデーへの期待をほのめかすのはNG!
世の中には本命へのバレンタインの予算や、ホワイトデーの予算なんていう誰も得をしない数字が出回っています。
お返しはバレンタインの〇倍…!なんて負担を好きな人に掛けたいわけじゃないですよね。

たとえその場でホワイトデーの約束がなかったとしても、いざホワイトデーが来た時にちょっとしたお返しがあれば可能性はゼロではないかもしれません。

スポンサーリンク

手作りか確認してくる

どうも世の中の男性は私と同様に、好きな人からの手作りチョコレートに夢を見ている様子^^
「この子から手作りのチョコが欲しい!」
と思うばかりに手作りかどうかを確認してくることがあります。

市販のチョコレートを渡して「手作りが良かったな」なんて言われたら脈ありのサインかも!
「来年は作ってみるね」と約束してあげると喜ばれるでしょう。

 

少数ながら他の人の手作りのものを食べられないという男性もいますから、チョコレートを手作りする場合は、好きな人が潔癖症でないかは事前にリサーチしておきましょう。

目の前で食べてくれた

何かを食べている時、人は無防備になりがちです。

ですから、警戒している相手の前ではなかなか食べ物を口にしにくいもの。
「おいしそうだね、食べて良い?」
なんて渡したチョコをすぐに口に運んでくれたなら、彼があなたに心を許している証拠かも。

また、感想をすぐに伝えたいという思いやりが隠されている場合もあります。
渡したチョコを目の前で美味しそうに食べてくれたら、なんだか渡したほうまで嬉しくなってしまいそうですね!

まとめ

バレンタインデーの本命チョコのやりとりは、昔も今も、その本気度に変わりはありません。

この決戦の日に、いかに相手の発するわずかなサインを見逃さないようにすることが、その後の展開を大きく有利に進めるポイントになるはずですよ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事