お宅では、洗濯するときに「水道水」を使いますか?「風呂水」を使いますか?

「節約になるのは分かるけど、衛生的に心配…。」
と、風呂水洗濯に踏み切れない方のために、やり方と注意点をまとめました!

風呂水洗濯をためらっている方の、お役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

風呂水で洗濯するとどのくらい節約になるの?

冬場になると、毎日お風呂に水を溜めるというご家庭も多いことでしょう。
1回浴槽にお湯を溜めると、浴槽のサイズにもよりますが、およそ200~300ℓの水を使うことになります。

この溜めたお湯を毎日捨てるのはもったいないですよね。
そこで、風呂水を洗濯に再利用できれば、節約になるのではないでしょうか。

 

それでは、風呂水を洗濯で使った場合、どれくらいの節約となるのか計算してみます。
一世帯が家庭内で1日に使用する水のうち、およそ15%が洗濯に使用されています。

それでは、4人家族の世帯で、月の水道料金が6,000円と仮定すると、単純計算で1月あたりの洗濯にかかる水道料金は900円です。
年間に換算すると10,800円となります。

 

ただし、風呂水を洗濯層へ汲み取るポンプなどを利用した際の電気代などを差し引くと、風呂水を洗濯に再利用した場合、年間で節約できるのはおよそ10,000円となります。

家族構成や住んでいる地域によって水道料金は変動しますが、年間で数千円から10,000円は節約できることになります。

風呂水での洗濯の節約以外のメリット

風呂水を洗濯に再利用すると、水道代の節約効果が期待されますが、ここでは節約以外のメリットを2つご紹介します。

洗剤が溶けやすくなる

粉洗剤や洗濯石鹸が溶けやすい温度は、およそ20℃と言われています。

水道水から直接出る水は20℃に達していない場合が多いですが、浴槽に溜めておいた風呂水は温度もさほど下がらないので、洗剤が溶けやすくなっています。

洗濯物の汚れも落ちやすい

洗濯物の汚れは、洗う水の温度が高ければ高いほど落ちやすくなります。

水道水の水は冷たいこともあるので、浴槽からの風呂水は水道水と比べると温かく、洗濯物の汚れも浮かして落としやすくしてくれます。

風呂水で洗濯する際の3つの注意点

風呂水を、洗濯に再利用するメリットをお話してきました。

今度は反対に、風呂水を利用して洗濯する際の注意点やデメリットをお話していきます。

洗濯に再利用できる入浴剤を選ぶ

お風呂に入る際、入浴剤を入れるという方も多いですよね。
そして、多くの方は入浴剤を入れた後の風呂水は、洗濯に再利用できないと思うことでしょう。

しかし、実は入浴剤の中には洗濯に再利用できるものもあるんです。

ほとんどの入浴剤のパッケージには、入浴剤を入れた風呂水が洗濯に再利用できるかどうかの記載がされています。
入浴剤を購入する際には、記載された内容をよく確認し、洗濯に再利用できる入浴剤を選びましょう。

ただし、洗濯に再利用できる入浴剤でも、色つきの入浴剤で白い衣類を洗うと色移りしてしまう恐れがありますので、白い衣類は分けて洗うようにしましょう。

洗濯物が臭くなる恐れがある

風呂水には雑菌が繁殖しやすく、一晩残り湯を溜めておくだけで、雑菌の数はおよそ1000倍にも増加します。
この風呂水で繁殖した雑菌が洗濯物に移ってしまうと、洗濯物の嫌な臭いの原因となってしまいます。

そこで、風呂水を洗濯で利用する際には、洗いまでにし、すすぎは水道水のきれいな水を使うようにしましょう。
すすぎできちんと汚れが取れれば、衣類に嫌な臭いは残りません。

定期的に洗濯機の掃除が必要

風呂水にはどうしても皮脂などの汚れが含まれており、その水を使って洗濯すると、洗濯層の中も汚れが溜まりやすくなります。
洗濯層の中に汚れが溜まると衛生的にも心配ですし、洗濯物にも雑菌が付いて嫌な臭いの元ともなります。

そこで、節約のために普段から風呂水を洗濯に再利用するのであれば、定期的に洗濯機の掃除をしましょう。
洗濯層の掃除には、塩素系クリーナーや重層などを使用することで、洗濯層内の皮脂汚れやカビの除去もできます。

洗濯機の掃除は、1カ月に一度を目安に行うことをおすすめします。

おすすめの洗濯機用風呂水ポンプセット

それでは最後に、おすすめのリーズナブルな風呂水ポンプセットをご紹介して終わりにしましょう。

湯ポポン10

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

湯ポポン10 BP40 (ピンク)
価格:2008円(税込、送料別) (2018/10/15時点)

楽天で購入

 

【コジマ楽天市場店】

4mの専用ホースが付いた湯ポポン10は吐出パワーが自慢で、40Lの洗濯機ではおよそ4分ほどで水を洗濯層に溜めることができます。

付属のホースは汚れに強い抗菌仕様なのも嬉しいポイントですね。

見た目にも可愛いピンクカラーで、家事を一層楽しくさせてくれそうです。

センタックMsポンプタイマー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

センタック Msポンプ タイマー FP-45
価格:3224円(税込、送料無料) (2018/10/15時点)

楽天で購入

 

【楽天市場 マニッシュボーイ】

付属のホースが付いていないので、自分で用意しなければなりませんが、こちらのセンタックMsポンプタイマーもハイパワーな吐出量となります。

高低差がなければ1分間に13Lという吐出量となり、大容量の洗濯機にもおすすめです。

タイマーが付いており自動で停止するので、安心して他の用事をすることができます。

まとめ

風呂水を洗濯に再利用することは、節約だけでなく節水効果もあるので自然にも優しいですよね。

風呂水を再利用する際にはいろいろ注意点もありますので、事前にしっかりとメリット・デメリットを把握してからトライして下さいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事