こんにちは、ぽんたろうです!

ホワイトデーには、男子は女子に様々な種類のお菓子を贈ることでしょう。

しかしちょっと待った!
お菓子には、それぞれに意味があることをご存知でしたか?

その込められた意味を上手に使えば、スマートなメッセージになります。
しかし、知らずに一歩間違えれば、とんでもない誤解を生んでしまいます。

ホワイトデーに相手にプレゼントを渡す前に、この記事を読んでしっかり作戦を立てて下さいね!

スポンサーリンク

ホワイトデーに渡す品々の意味とは?

バレンタインデーのお返しとして代表的な品々は、それぞれどんな意味が含まれるのでしょうか?
お菓子から小物まで、順に見ていくことにしましょう。

キャンディー

バレンタインデーのお返しで、キャンディーは「あなたが好きです」という意味。

キャンディーが時間をかけて甘く溶けるように、長く甘い関係で居たいという意味です。

ホワイトチョコレート

ホワイトチョコレートは「純粋な関係を望む」の意。
ホワイトチョコレートは、バレンタインに貰ったチョコレートと同じチョコレートなので「同じ気持ちです」という好意を表しています。

しかしホワイトチョコレートの色は、純潔を思わせる白。
清い関係を望むという意味合いがあるようです。

マシュマロ

マシュマロがすぐに溶けてしまい、味も薄いことから、薄っぺらな関係を連想させます。
このため、マシュマロは「あなたが嫌いです」の意味。

しかし、ホワイトデーの始まりは「マシュマロデー」という、チョコレートが入ったマシュマロを女性にお返しする日でした。
この時の、チョコレートの入ったマシュマロには「あなたに貰ったチョコレート(気持ち)を、柔らかなマシュマロ(愛)で包みます」という意味が込められていたそう。

現在のホワイトデーでのマシュマロが、マシュマロデーのものとは真逆の意味を持つようになったのは、製菓会社がライバルを牽制する意味があったとも言われています。

キャラメル

キャラメルはゆっくりと溶けることから、心が打ち解けていくことを連想させます。

打ち解けた仲ということから、キャラメルは「あなたといると安心します」という意味です。

グミ

グミが表すのは「あなたが嫌いです」の意味。

これは、グミが力を入れて嚙み切るお菓子であることから、縁を切りたいという連想をさせるためです。

マカロン

少し高価なお菓子であるマカロン。
日常的に食べるお菓子ではないことから「特別な人」という意味があります。

この「特別な人」という意味、比較的最近言われ始めたもののようですから、女性にプレゼントする際にはそれとなく意味を教えてあげましょう。

スポンサーリンク

こんぺいとう

キャンディーと同じく「あなたが好き」の意味。

崩れやすいイメージのあるこんぺいとうですが、キャンディーと同じ扱いになるようです。

クッキー

軽く、サクサクとした食感のクッキーは、あっさりした関係の示唆。

「友達でいたい」という意味があります。

マドレーヌ

マドレーヌの意味は「もっと仲良くなりたい」です。

これはマドレーヌの多くが、貝の形をしているため。
ぴったりと寄り添う二枚貝のように、もっと親しくなりたいという意味になります。

ハンカチ

ホワイトデーに限らず、大切な女性にハンカチを送ることはお勧めできません。
ハンカチは涙を拭くものですから、涙=別れを連想させます。

ハンカチのプレゼントは「別れを望んでいる」という意思表示や、「別れが近いようだ」という予感のような意味があります。

靴下

靴下は生活用品であることから、気兼ねの無さの表れ。

「心を許しています」という意味になります。

まとめ

特別な人にお菓子を贈るなら、特別な意味合いのあるお菓子を選びたいですね。

もし義理チョコのお返しをしようとして、お菓子に込められた意味に悩むなら、意味が特に決まっていないお菓子を選びましょう。
バームクーヘンやラスク、ラムネ、ドーナツなどが、意味が決まっていないおススメのお菓子です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事