こんにちは、ぽんたろうです!

節分と言えば豆まきですが、これって考えようによってはゲームのような側面もありますよね。
実際に、おうちではお父さん、保育園では先生方が鬼の役をして、的替わりになったりします。

でもでも、節分に楽しめるゲームは豆まきだけではありませんよ^^
今回は、保育園や高齢者施設で盛り上がりそうな節分ゲームを5つ選りすぐりました!
ぜひみんなで楽しんで下さいね!

スポンサーリンク

保育園におすすめの節分ゲーム

自分たちで遊び道具を準備するゲームから道具なしでも楽しめるゲーム、3つをご紹介します!

豆まきゲーム

遊び方
①保育園の先生が、お面を被って鬼役となります。
(この動画は老人ホームでのレクリエーションで、年男・年女が鬼役となっています)②みんなで、「鬼は外~♪福は内~♪」と声をあわせて歌います。③歌を歌い終えたら、園児たちは一斉に豆を鬼に向かって投げつけます。
みんなで鬼退治をすると、わいわい楽しいですね☆
適当な時間に、「ストップ」をかけましょう。

おにさんを倒せ!ボーリング

遊び方
①6つのトイレットペーパーの芯を縦に立てて、上半分に赤や青の鬼の肌色の折り紙を糊で貼ります。
同じ要領で、下半分には黄色などの鬼のパンツの色の折り紙を貼りつけます。
これが、鬼の体のパーツになります。
②次に、鬼の顔のパーツをつくります。
3つのトイレットペーパーの芯を半分に切ります。
それぞれの芯に、鬼の肌の色の折り紙を貼っていきます。
黄色い折り紙で角部分を作り、その鬼の顔のパーツに貼りつけます。③角の周りに毛糸を付けて、髪の毛部分を作り、ペンなどでお顔も描きましょう。④体と頭のパーツをセロテープで止めたら、鬼のピンの完成です!⑤新聞紙を丸めて作った玉を使って、ボーリングのように鬼を倒して遊びましょう♪

このゲームは、鬼を作るところから園児たちと一緒にすると、楽しさ倍増です。
ただし、刃物を使う作業は危ないので、トイレットペーパーは先生たちが事前に半分に切っておきましょう。

おにおにポーズゲーム

このゲームは道具がいらないので、気軽にみんなで遊べますよ♪

遊び方

①園児たちが円になるように座ります。

②「お」で始まる3つの言葉とそれに対応するポーズを、先生が園児たちに教えます。
おに:頭の上で両手の人差し指で角を作る
おにぎり:両腕を使って大きな三角形を作る
おにく:両手でお肉にかぶりつくようなポーズ

③先生は、それぞれのポーズをとりながら、3つの言葉を行っていきます。
園児たちもそれに続いて、先生の真似をしていきます。
例えば、「おにぎり」「おにく」「おに!」と先生が言えば、園児も「おにぎり」「おにく」「おに!
と繰り返します。
これを何度か繰り返して、みんなで楽しみましょう♪

④3つとも同じ言葉を言う時には、以下のようにポーズを取ると、子供たちもさらに喜びますよ。
「おに」「おに」「おに」:立ち上がって、「ワーッ!」と言いながら鬼のポーズを取る。
「おにぎり」「おにぎり」「おにぎり」または「おにく」「おにく」「おにく」の場合:
立ち上がって、「モグモグ!」と言いながら食べるようなポーズをとる。

「おにぎり」「おにく」はほかの言葉に変えてもいいですし、園児が3つの言葉を最初に言う役回りをしても楽しめます。
それぞれの言葉のポーズは、園児たちと一緒に決めても良いですね。

スポンサーリンク

高齢者におすすめの節分ゲーム

高齢者にオススメのゲームを2点、Youtubeからご紹介します。
こちらも簡単に準備が出来て、楽しいゲームですよ!

鬼が外で邪魔なゲーム

遊び方
①500mlペットボトルなどに鬼のイラストを貼りつけていきます。
いくつか準備しましょう。②タオルを敷き、その手前に①の鬼たちを並べていきます。③あとは、ボールをタオルめがけて蹴飛ばしていきます。
タオルの手前に並ぶ鬼たちがその邪魔をしますが、タオル上にボールが乗った数が多い人の勝ちです。

鬼は外福は内ゲーム

遊び方
①A4サイズに鬼のイラストをプリントあるいは描きます。
招き猫や財宝のイラストも、準備しておきましょう。②それらを全て切り取って、パウチにかけます。③500mlのペットボトルに塩水100ml程度を入れ、しっかりキャップで蓋をして水がもれないようにします。④両面テープをそのペットボトルの側面に縦方向に貼り、②の鬼のイラストを貼り付けていきます。
ペットボトルの底面にも両面テープを貼り、そこには②の招き猫や財宝のイラストを貼っていきましょう。⑤あとは、これらの鬼をお手玉を投げて倒していきます。
鬼がひっくり返ると、幸運を呼ぶ招き猫や財宝が現れます!

まとめ

今回準備が簡単で、ルールも難しくない節分のゲーム5つをご紹介しました。

それほど場所を取らないゲームなので、おうちで家族みんなで遊んでも良いですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事