こんにちは、ぽんたろうです!

節分と言えば、豆まきや恵方巻きですよね。
保育園や高齢者施設では、これを折り紙で作ったりして楽しむことも多いでしょう。

今回は、YouTubeにアップされている、選りすぐりの節分に関する工作動画を6個集めてみました。
どの動画も、とても分かりやすく解説してくれていますので、何もむずかしいことはないでしょう。

それでは、レッツトライ!

スポンサーリンク

園児向けの工作

鬼のパクパク人形

まず最初のご紹介したのが、この「鬼のパクパク人形」です。

ただの人形ではなく口がパクパク動くので、園児たちが遊ぶのにもってこいですね。

また、そのままお面にしたり、開いた口の部分めがけて豆入れゲームをしたりと、用途のバリエーションが豊富なのも魅力です。

恵方巻き

とっても簡単にできる「恵方巻き」のご紹介です。

ハサミやホチキスを使わず、のりやテープで接着するだけなので園児でも安心です!

いろんな具材の入った恵方巻きを、どんどん作っちゃいましょう!

鬼のかぶりもの

さて今度は「鬼のかぶりもの」のご紹介です。

豆まきには鬼の役もいなくては盛り上がりませんから、鬼のかぶりもの系はぜひ欲しいところ。

こちらはボンドやホチキスを使うので、園児向けの工作としては上級編かもしれません。
先生や親御さんが上手くフォローしてあげると、スムーズに作業できるでしょう。

スポンサーリンク

高齢者向けの工作

鬼の豆入れ

鬼の顔をした「豆入れ」です。

小さくて可愛いのですが、細かい工程が少々入るため、大人向けと言えるかもしれません。

こんなカワイイ豆入れをプレゼントされたら、お孫さんも大喜びですね!

太巻き

こちらは折り紙ではなく、お花紙をつかった工作です。

題名は「太巻き」ですが、そのまま「恵方巻き」としても応用できますね!

折り紙には出せない、何とも言えないリアル感にハッとさせられます。
作り方も難しくないので、気軽にチャレンジできますよ!

柊鰯(ひいらぎいわし)

最後は「ヒイラギイワシ」の登場です。

割り箸に部品を連結させていく細かい作業があるので、こちらも大人向けの工作と言えるでしょう。

子供たちには馴染みの薄いヒイラギイワシですが、高齢者の方なら「懐かしい」と思われる方も多いのではないでしょうか?

「さすがに本物のヒイラギイワシを飾るのはちょっと…。」
というご家庭には、この工作版を飾ってみるのもおすすめです!

まとめ

YouTubeなどの動画共有サイトには、とっても優れた作品がまだまだ隠れています。
今回の企画も、そんな素晴らしい作品たちを少しでも多くの方に知っていただきたくて共有させていただきました。

これらの動画を参考に、今年の節分は自分たちの作った工作で、思いっきり楽しんじゃって下さいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事