あなたは卒業式に泣いている顔を見られても平気な人ですか?
それとも絶対に泣き顔は見せたくない人でしょうか?

泣き顔を見られたくない派の人には、卒業式というのは中々の強敵ですよね^^
そんな方のために、今回はぽんたろう秘伝の「泣かない方法」を7つご紹介しましょう!

これ、マジで使えるものばかりですよ!!

スポンサーリンク

学生たちをウォッチング

今までの学校生活のことを思い出すと、思わず涙が出てしまいそうになります。
ですので、思い出のことは考えないようにしましょう!

周り見回してください。
すでに泣いている人
眠そうな人
いうか寝ている人
…など、いろいろな学生がいます。

それぞれの心情を勝手に想像してみましょう。

「あー、あのメソメソ泣いている人、好きな人に告白できずに卒業しちゃうから悲しいんだろうなぁ。」
「あの眠そうな人、昨日遅くまでゲームしてたんだろうな。」
「あの人おちゃらけているけど、泣きそうなのを頑張ってこらえてるんだな~。」
…とストーリーを膨らましていると、結構楽しいですよ。

先生たちをウォッチング

先生を観察することも気が紛れるので、泣きそうになった時にはオススメです。

集会の時によくやったように、校長先生の「え~」などの口癖の回数を数えてもいいですよね。
「どうせこのスピーチ毎年繰り返しているんだろうな~。っていうか、そもそも学生のこと全然知らないでしょ。」

などと考えていると、なんだか気持ちも冷めてしまいます。

先生たちが、どんな表情をしているか観察してみてもいいでしょう。
卒業式くらい、普段は怖い先生の神妙な面持ちを心の中で笑ってもいいですよね?

男優&女優になりきる

脳内でドラマを作って、そのキャラクターになりきってみましょう。

「過去のトラウマから感情をうまく表に出せない主人公…」
みたいな泣かないキャラクターを想像して、それを演じきります。

「どうして…みんなそんな悲しい顔をしているんだ…?俺には人の感情がわからない…!」

ちょっと(と言うかかなり?)中二病臭いですが、やりきった時の達成感はなかなかですよ!

こっそり腹筋を鍛える

式の最中、筋トレに意識を集中させるのも手ですよ。

まずお腹に力を入れて、数字をゆっくりカウントしていきます。
お腹の筋肉が痛くなるまで力を入れ続けて、フッと緩めます。

少し間を置いてまた力を入れて、数を数えて…を繰り返すと数字のカウントに気を取られて泣くどころではないでしょう。

しかもトレーニングにもなるから一石二鳥!

今晩のご飯のことを考える

卒業式というイベントがある日の晩御飯は、きっと豪華なことでしょう!

何が食べたいか、どんなご馳走が食べられるのかを考えましょう。
悲しみも、食欲には勝てません^^

ただし、あまり考えすぎるとお腹がなってしまうかもしれないので、そこは注意です!

泣く理由を冷静に考える

長い式の最中、ふと涙が出そうになる瞬間は訪れるものです。

その時、「え、なんで自分今涙が出そうになっているの?」と客観的になって理由を考えてみましょう。

「卒業したら、もうみんなと会えなくなるから?いやいや一緒に遊びに行けるじゃん。」
「私が泣きそうなのって、ただ雰囲気に飲まれているっていうだけじゃない?」
…と理論的に考えてみると、案外冷静になれます。

とことん自問自答してくださいね。

読経する

最後は結構ハードルが高いですが、私が使っていた方法「読経」です。

私が通っていたのが仏教系の学校だったので、学校生活で覚えた般若心経をひたすら頭の中で唱えていました。
お経は独特のリズムがあるので、ある種のトランス状態になれます。

ミッション系の学校に通っている人ならば、聖書の文句を頭の中で唱えてもいいですよね。

ココロが洗われる…かも?

まとめ

卒業式で泣かないようにするには、「学校生活の思い出に浸らないこと」がポイントです。

涙が出そうになったら以上の方法にプラスして、
「クラスメイトと一生会えないわけではないし、いつだって学校にも遊びに行ける」
ということも思い出すといいですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事