5月の第2日曜日は言わずと知れた母の日ですよね。

その母の日に感謝を伝える花として定番なのがカーネーションです。

ただこのカーネーション。さまざまな色があってけっこう選ぶのに迷ったりします。

好みだけで選んでしまうと、後々たいへんなことになるかも!

今回は、カーネーションの色別による花言葉を紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

赤のカーネーション

赤のカーネーションの花言葉は「母の愛・母への愛・真実の愛」です。

母の日にプレゼントするカーネーションの色としては、最もポピュラーなのではないでしょうか。

 

色の好みが分からない義母に渡すときには、この赤にしておけば無難でしょう。

もちろん素直に「お母さんに愛してると伝えたい!」という場合も、この赤色のカーネーションを選んでくださいね。

 

白のカーネーション

白のカーネーションの花言葉は「純潔・尊敬」といった意味があり、清いイメージを持っています。

一方「私の愛は生きています」という意味も併せ持っていて、これは亡き母へ送るメッセージとして使われます。

 

お母様がすでにお亡くなりになっていて、お墓やお仏壇へ供えるときにはよいでしょう。

健康で存命なお母様には、贈らないように気をつけなければいけませんね。

 

ピンクのカーネーション

ピンクのカーネーションの花言葉は「上品・気品」といったエレガントなイメージです。

それに併せて「感謝の心・温かい心」といった意味も持っています。

 

赤い色が苦手なお母様には、このピンクのカーネーションを贈ると喜ばれるかもしれません。

お母様への愛と一緒に感謝の気持ちを込めるには、とても相性の良いカラーですね。

 

スポンサーリンク

オレンジのカーネーション

オレンジのカーネーションの花言葉は「熱烈な愛・純粋な愛」といった意味をもちます。

言葉だけを取るととても重苦しい愛情のように感じますね^^

 

ビタミンカラーでもあるオレンジは、人を元気にさせる効果があります。

ですので、このオレンジのカーネーションをプレゼントして、愛情と一緒に元気も贈りたいですよね!

 

黄色のカーネーション

黄色のカーネーションの花言葉は「軽蔑・拒絶・嫉妬」といった、かなりネガティブな意味が込められているようです。

個人的にはとても素敵な色だと思いますので、ちょっと複雑ですね^^

 

どうやらキリストを裏切ったユダの服の色らしく、花言葉のルーツである西洋ではこの色のイメージが良くないようです。

ただ花の色としてとても上品で美しいので、花束に数本混ぜると良いアクセントになりますよ。

 

青のカーネーション

青のカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」です。

どうやらサントリーが品種改良に成功して生まれた色だとか。

 

ちなみに紫色の花言葉は「誇り・気品」という意味があります。

この青系のカーネーションを贈りたいお母様像としては、凛とした知的な雰囲気をまとった方ですかね^^

 

まとめ

今回はカーネーションの花言葉を集めてみましたが、いかがでしたでしょうか?

たとえイメージに似合っていたとしても、毎年同じカラーではマンネリ化してしまいますよね。

今年は思い切って、意外な色のカーネーションをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク