毎年やってくる母の日、母の日が近づくとデパートやスーパーでも母の日のプレゼント特集が組まれていますが、今年の母の日ははてさていつなのでしょうか?

今回は、今年の母の日はいつなのか、その由来や喜ばれる贈り物についてご紹介します。

スポンサーリンク

今年の母の日はいつ?

毎年母の日は5月の第二日曜日、今年2017年で言えば5月14日がその日にあたります。

 

ゴールデンウィークが終わると間もなく母の日ですから、お母さんが遠くに住んでいるという方はゴールデンウィークの帰省時に母の日のプレゼントを渡しておくのが良さそうですね。

 

5月はイベントが沢山あり、特に子供のいる家庭では日程がぎゅうぎゅうに詰まってしまいがちです。

その日はどうしても忙しいという方は、配達日指定の贈り物をしたり、当日に一本電話を入れるだけでもいいでしょう。

 

母の日の由来とは?

そういえば、母の日とはどうして生まれたのか知らない、という方も多いと思います。

母の日は日本だけの行事と思われがちですが、実は世界中で行われているものなのです。

 

発端は諸説ありますが、アメリカの女性が亡き母を想い教会で白いカーネーションを配ったことが始まりとされています。

この女性の活動により、1914年にはアメリカで「5月の第二日曜は母の日」と制定され、ここから元気な母には赤いカーネーションを、亡くなった母には白いカーネーションを贈るという習慣が出来たようです。

 

現在ではアメリカだけではなくヨーロッパ、アフリカ、アジアなど広い地域で、日にちや内容は違えど母の日の行事が行われています。

どんな国でも、「自分を産んでくれた」母への感謝というのは共通なんですね。

 

スポンサーリンク

母の日に喜ばれる贈り物

最後に、母の日に喜ばれる贈り物についてご紹介します。

定番のお花だけではなく、自分の母の個性や趣味まで考えてプレゼントを考えてあげるととても喜ばれると思いますよ。

 

ガーデニング好きならUVカット製品

庭いじり、ガーデニングが大好きな母にはUVカットの帽子や腕抜き、ストールなどのセットをプレゼントしてはいかがでしょうか?

ウォーキングも日課にしているのなら、UVカットサングラスもおすすめです。

 

今、UVカット製品は様々な種類がありデザインも豊富ですから、選ぶ方も「どれが母に似あうのかな?」と楽しみながらセレクトしてみてください。

 

アクティブ派にはスポーツウェア

アクティブに毎日活動している方には、スポーツウェアをプレゼントしてみましょう。

ただのジャージの上下、などではなくヨガウェアやスポーツブラ、フィットネスタイツなど本格的なものでもいいと思いますよ。

 

読書好きには本としおりを

読書が大好きな方には、最新刊の本とカーネーションのしおりなんてきっと喜ばれると思います。

カーネーションをかたどったもののしおりは、インターネット通販で数多くありますし、ハンドメイドでも販売されています。

ほんのちょっとのアイディアで、粋なプレゼントになりそうですね!

 

スィーツ好きにはお取り寄せ品!

スィーツ大好きな母には、全国からのお取り寄せスィーツがおすすめです。

自分の住んでいるところでは味わえないような、地方色の強いものであれば話題性も抜群。

 

仙台のずんだ、名古屋の味噌、福岡のあまおうなど、特産品と密接にかかわりあうような特別なスィーツを探し出してみて下さい。

 

お酒マニアなら地酒

お酒が三度の飯より好き!という母なら、地酒をセレクトするときっと喜んでくれるでしょう。

 

ビール党なら地ビールも良いですね。

どんな味のお酒が好きなのか?も知っておくとベストです。

 

辛口が好きなら純米大吟醸を贈ると外してしまいますから、一概に「値段でお酒を決める」のはおすすめできません。

 

まとめ

母の日の贈り物ネタも、毎年となると尽きてきてしまい本当に悩みますよね。

最初から「これを贈るぞ!」と気合を入れるよりも、ウインドーショッピングしながら「こんなのはどうかな?」なんて思いを巡らせながら選ぶのも良さそうです。

きっと何を贈っても喜んでくれるでしょうから、あまり気負いし過ぎずに選んでみてくださいね。

スポンサーリンク