今年の行楽シーズンは、元気にアウトドアをしたい!

と思ったときに真っ先に思い浮かぶものといえば、やっぱりキャンプですよね。

でもキャンプって、意外にもいろいろなものをそろえなきゃいけないし、キャンプ当日に足りないものがあると思ったように物事が進まなくて折角の楽しい予定も台無しになってしまうんですよね。

完璧なキャンプを目指すなら、今回の初心者でも安心してできるキャンプ特集はきっと役に立ちますのでゆっくりご覧ください。

スポンサーリンク

キャンプ初心者が揃えるもの!道具や服装は?

キャンプ初心者がそろえておきたいものを一覧でご紹介します!

 

簡単に組み立てられるテント「ワンタッチテント」

【楽天市場 LikeAiインテリア家具と雑貨】

 

キャンプといえばテントが必須になりますが、本格的なテントだと組み立てるのがとても難しくてこれだけで何時間も時間をとられてしまいます。

初心者の方は、初心者向けの簡単に組み立てられるテントを買っておきましょう。

ただし、テントとしての機能も簡易的ですので、天候が良く暖かい季節だけの使用にとどめてくださいね。

 

寝袋・シュラフ

【楽天市場 GARAGE COLLECTION】

 

テント内で寝るときには、もちろん寝袋も必要です。

寝袋だけでは不安、という方は寝袋の下に敷く長座布団やマットを持っていくのもおすすめですよ。

 

食事時のテーブル「コールマン スリム四折BBQテーブル」

【フィッシングマックス 楽天市場店】

 

便利なキャンプ場であれば、バーベキューセットやコンロ、テーブルや椅子なども用意されていたりしますが、簡易的なキャンプ場に行くのであれば折り畳みテーブルも必須です。

ご飯を食べるときや調理するときにはこれがないと不便なんですよね。

 

照明器具・ランタン

【楽天市場 マックスシェアー】

 

意外と盲点なのが照明器具です。

これを忘れると、いちいち車のヘッドライトを使用する羽目になってかなり大変なことになります。

大型のLEDランタンなら1台でも足りますね。

 

レインウェア「ロゴス クレモナ合羽」

【plank 楽天市場店】

 

念のためにレインウェアも持っていきましょう。

キャンプ中には急に雨が降ったり、風が冷たく感じてしまう時があります。

薄手のレインウェアで体調管理もばっちりです。

 

水陸両用ブーツ「アディダス 水陸両用シューズ クロビー」

【楽天市場 エレファント靴店】

 

そしてかなり使えるアイテムなのが、水陸両用の靴です。

キャンプは海や川のある場所で行うことが多いですから、水に入っても大丈夫な靴を持っていくと遊びの時間が捗ります!

 

キャンプ初心者同士のカップルの心得

キャンプ初心者同士でキャンプに行く、しかも恋人ととなるとかなりキャンプに対する期待値が上がっていると思いますが、勢いだけで行くと後悔します。

恋人と一緒にキャンプをしたときに、お互い嫌な思いをしないようこんな心構えが必要ですよ。

 

必ず入浴orシャワー施設のあるキャンプ場に行くべし!

キャンプ初心者が陥りやすい罠が、「夜に体をさっぱりさせる場所がない!」というキャンプ場に行ってしまうことです。

カップル同士でキャンプをして、体を清潔にできないなんてこんな拷問ありますか?

 

汗をかいてベタベタ、においも気になって折角の楽しい時間も台無しですよね。

必ずシャワー施設があるキャンプ場か、温泉が徒歩圏内にあるキャンプ場に行きましょう。

 

無理せずバンガローを選ぶべし

カッコつけて無理やりテントを設営しなくても、バンガロータイプのキャンプ場に宿泊するという決断も大切です。

特に女性はアウトドアでの虫との遭遇を極端に嫌がります。

 

テントだと明かりをつけているとすぐに虫が入ってきてしまい、翌日には虫刺されだらけ・・・。

なんてこともありますので、虫が苦手な恋人の為にもバンガローを選択肢に入れてください。

 

上手に手分けして後片付けを

カップルでキャンプをしたときに注意したいのが、料理の準備やキャンプ後の後片付けのこと。

男性は力仕事を、女性はこまごまとしたものを、上手に手分けして準備&後片付けをしましょう。

 

だからと言って料理は女の仕事、力仕事は男の仕事!と決めつけず、一緒に協力して一つのことに取り組むと、愛情もアップ間違いなしですよ!

 

スポンサーリンク

キャンプ初心者の家族の心得

今年から家族でキャンプに挑む!

という方は、次の心得をもってキャンプに行きましょう。

 

子供のペースに合わせよう

家族でキャンプに行くとき、大切なのはすべてのことを子供のペースに合わせることです。

 

それでなくとも非日常的な時間を過ごすということは、子供にとって楽しみでもあり大きなストレスでもあります。

 

トイレやご飯の時間など、大人の都合を優先しないようにしてください。

 

トイレの近くにテントを設営する

テントを設営する場所も、なるべくトイレが近い場所にしましょう。

 

子供は、はしゃぎすぎるとトイレに行くのをつい後回しにしがちです。

 

トイレの近い場所なら、嫌でもトイレが目に入るのでお漏らしを防ぐことができます。

 

イライラしても笑顔を忘れない!

家族でのキャンプ、せっかくなら楽しい思い出を残したいですよね。

 

パパもママも、もしイライラすることが続いても、家族の誰かを責めたりせずにニコニコ笑って過ごしましょう。

 

笑っているうちにイライラしていたことも忘れて、本当に楽しくなってきますよ。

 

まとめ

キャンプはアウトドアの基本中の基本ですが、最初のキャンプが失敗していい思い出に残らないと、中々また次もキャンプに行こう!って思えなくなってしまうんですよね。

「みんなで楽しかったね、また行こうね!」

そんな声が自然と同行者からあがるキャンプにするために、準備ばっちりで挑んでくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事