あ!あの服明日着るのに洗濯してなかった!っていう経験、ありませんか?

ずぼらな筆者はよくあります

 

そんな時、結局生乾きで服を着て出かけることも少なくないのですが、これだと風邪をひくばかりか服が生乾き臭くて不快なことこの上ないんですよね。

「急ぎでも服を乾かせる方法」がないかと模索した結果、いくつか成果が出たものがありますのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

洗濯物を乾かすのにドライヤーを使う

まずはオーソドックスにドライヤーから行きましょう。

洗濯物を乾かすのにドライヤーを使う時、乾かしやすくするポイントがあります。

 

それは「袖からドライヤーを当てること」。

 

まずは服をハンガーにかけて、袖口からドライヤーをあてます。

洗濯物が乾きにくいのは「布が重なり合う部分」と「布が厚くなっている部分」。

大抵は袖口とわきの下が乾きにくいので、両方の袖口からドライヤーを当てると意外に早く乾きます。

 

洗濯物を乾かすのにエアコンを使う

洗濯物を乾かすのにエアコンを使う、ちょっとエコという観点から行くとどうなの?

と思ってしまうかもしれませんが、オールシーズンエアコンを使っている人なら抵抗なく行える方法だと思います。

 

ポイントは、除湿モードを使うということ。

エアコンの温風や冷風で直接乾かすのではなく、エアコンの除湿モードを使用することで洗濯物を早く乾かすことができます。

これは「ピンポイントで乾かしたい服があるとき」というよりも、部屋干しをせざるを得ない事情があるときに使える方法ですね。

 

スポンサーリンク

洗濯物を乾かすのにアイロンを使う

びしっとさせたい衣類であれば、生乾き状態からアイロンを使って乾かすのがベストです。

少し衣類が湿っているほうが、アイロンを使うとスチームのような効果も生まれてよりきれいにしわが伸びますよ。

この時使うアイロンは通常のものでも可能ですが、衣類をハンガーにかけて使えるハンディタイプだともっと手間がありません。

 

アイロンで乾かすのが推奨されるもの

  • ワイシャツ
  • スカート
  • ハンカチ

など。

 

洗濯物を乾かすのに除湿機を使う

こちらもエアコンと変わりませんが、より強力に乾燥効果を狙うなら除湿機がおすすめです。

最近の除湿機はとってもパワフルで使い心地も最強なんですよね。

除湿機があると、湿気の多い時期には大活躍してくれますよ。

家の中がカビやすいというお宅なら、買っておいて損はしません。

 

ただしデメリットとしては、

  • 価格が高いこと
  • 本体が大きいこと
  • 電気代も気になる

という部分が挙げられます。

 

除湿専用のものは勿体ない、と感じる方は除湿と加湿のダブル使いを選ぶとお得ですね。

洗濯物を乾かすのにコインランドリーを使う

いよいよもって時間がない!という時は、洗濯物の乾燥目当てでコインランドリーに走りましょう。

コインランドリーの乾燥機は大容量ですから、一度にたくさんの洗濯物を乾かすことができます。

 

筆者はラグや毛布、布団など、自宅で洗濯しても乾かしにくいものがあるときにはコインランドリーを利用します。

コインランドリーで洗濯から行うと意外にお金がかかりますから、乾燥だけがおすすめです!

 

洗濯物を乾かすのにストーブを使う

洗濯物を乾かすのにストーブ、これは一歩間違えると危険ですからあまりお勧めできません。

ストーブの前に洗濯物を置くのだけはやめましょう。

 

筆者がおすすめするのは、「煙突付きストーブ」で乾かす方法です。

「煙突付きのストーブ」

北国でなければ見る機会も少ないと思いますが、金属製の煙突がついたストーブの「煙突」に、洗濯物の乾かしたい部分を伸ばしながら押し付けると、洗濯物が面白いぐらいかわきます。

 

しかもアイロン効果もあるんです。

北国にお住まいの方は、ハンカチなどで試してみてください。

 

洗濯物を乾かすのが大変だから乾燥付き洗濯機を購入する!

最終的に行き着くのはこれです。

洗濯物をしっかり素早く乾かしたいのなら、もう乾燥機付き洗濯機を購入するのが一番だと思います。

共働きで夜間の部屋干しが主流になっている家庭は特に、乾燥機付き洗濯機を購入することで様々なストレスから解放されますよ。

 

まとめ

洗濯物を早く乾かす方法、考えてみるといろいろありましたね!

煙突付きストーブによる乾燥は気をつけないと手をやけどすることがありますので、その部分については十分にご注意ください!

スポンサーリンク
おすすめの記事