天然成分でできたアロマから作る虫よけスプレー、最近女子やママの間でにわかに人気を集めていることをご存知でしょうか?

虫よけアロマスプレーは意外と簡単に、しかも「あっ」という間にできちゃいますから、今年からは市販のものではなく好みの香りと配合で作る虫よけアロマスプレーを活用してみませんか?

今回は、虫よけアロマスプレーを手作りする方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

虫よけに効果的なアロマとは?

まずは虫よけに効果的とされるアロマの種類をご紹介します。

 

レモンユーカリ

人気のアロマオイルユーカリと同じ種類ですが、レモンの香りがすることから「レモンユーカリ」と呼ばれるこのアロマは、シトラスとスパイシーさが合わさった個性的な香りを持っています。

 

虫よけ効果があるとされるアロマの中でも、特に効果が高いと言われており、昆虫類を寄せ付けません。

夏のレジャーだけではなく、夏場の台所や浴室など虫の発生が気になる部分にも使用できます。

 

ゼラニウム

爽やかな香りとフローラルの華やかさを併せ持つアロマがゼラニウムです。

刺激が強く、妊婦などがいる家庭では使用することができません。

 

また、肌に直接つけてしまうと肌荒れを起こすこともありますので使用の際は十分に注意してください。

 

ペパーミント

清涼感が強く、すっとすることから夏場に特に人気のアロマであるペパーミントは、殺菌や虫よけに効果があります。

体に塗ることで体感温度が下がり、夏場に困る蚊よけに効果がありますのでレジャーの際のお供におすすめです。

 

それ以外にもハエ、ネズミなどを避ける効果があり、ペパーミントのオイルをしみこませたティッシュなどを部屋に置き、香りを充満させておくだけで手軽に害虫・害獣の侵入を防ぐことができます。

 

シトロネラ

こちらもレモンのようなシトラス系の香りがするアロマとなっています。

蚊や昆虫類を寄せ付けず、更に体臭を抑制する効果も期待できます。

 

刺激が少し強いアロマですので、使用量には注意しましょう。

 

レモングラス

イネ科アレルギーを持つ方、妊婦には使用できませんが、同じく虫の嫌がるレモンの香りで虫よけ効果のあるアロマがレモングラスです。

アジア料理にも使われるハーブですから、ご存知の方も多いでしょう。

 

虫以外にも害獣を避ける効果もありますから、ネズミ、ゴキブリ等が気になる方は自宅周辺にアロマの香りを充満させるのがおすすめです。

 

虫よけアロマスプレーの手作り方法

では肝心の虫よけアロマスプレーを手作りする方法をご紹介します。

本当に簡単に作ることができますが、保存料が入っていないため少量ずつ使い切れる量をこまめに作るようにしてくださいね。

 

用意するもの

  • お好みの虫よけアロマオイル5~10滴(子供用には5滴、大人には10滴)
  • 無水エタノール5ミリリットル
  • 精製水45ミリリットル
  • スプレーボトル(50ミリリットル用ミニサイズ)1つ

作り方

まずはボトルに無水エタノールを入れ、次にアロマオイルを入れます。

アロマオイルをブレンドする際は、2種類を5滴ずつ入れ合計10滴になるように調整します。

 

まずはここでボトルを少し振り、中身をよく混ぜておきましょう。

 

次に精製水を加えたら、スプレー容器のキャップをし、強く振ってさらに中身をよく混ぜます。

上手に中身が混ざり合えば完成です。

 

簡単ですね!

使うものさえ用意したらあとは混ぜるだけですから、好みのブレンドでいくつかスプレーを作っておくのも楽しそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

虫よけに効果のあるアロマは、主にレモンの香りがするもののようですね。

アロマは天然の成分でできていますが、効果も高いことから刺激も強めです。

お肌の弱い方や妊婦さんはなるべく使用しないほうがいいでしょう。

自分の好みの香りを探しだして、今年からは気持ちよく虫よけできるといですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事