いつもの感謝の気持ちを便箋にしたためて・・・

今年の母の日は特別な一日にしたいのなら、心のこもった手紙を送ってみませんか?

 

結婚式を控えた新郎新婦、独立したての社会人一年生など、母への感謝を改めて感じた時には素直な胸の内を手紙にこめて送ってみてください。

今回は、母の日に贈る手紙の感動する書き方や、便箋・封筒の選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

母の日の手紙で感動してもらうには?

母の日に贈る手紙で絶対感動させてやる!

という気持ちが透けて見える手紙だと逆にお母さんも素直に喜べないかもしれません。

お母さんに感謝の気持ちを伝えるのであれば、それを素直に思うままに文章にするのが一番でしょう。

 

手紙の書き方、時候の挨拶なんかは気にする必要がありません。

小さい時にお母さんがしてくれた嬉しかったこと、思春期に反発しながらも感じていたこと、大人になってあらためてわかる母の偉大さなどを思うままに書いてください。

 

それでもネタが思いつかない!という方は、自分が生まれた時のことを思い出してもらうという手もあります。

小さいころから聞かされていた、「自分が生まれた日の出来事」を書いて、こんなに大変な思いをして産んでくれてありがとう、というようにまとめると母親側としては大変感動する手紙となるでしょう。

 

母の日の手紙の書き方や文例を紹介

とは言え、普段から手紙を書きなれていないと中々思うように筆が進まないものです。

いくつか例文を載せておきますので、どうしても筆が進まないときの参考にしてみてくださいね。

 

花に添えるメッセージカードに

「今まで一生懸命育ててくれてありがとう。いつも感謝しています。」

 

結婚の前に

「これからは別の家庭を築いていきますが、いつでも家族を想っていたお母さんのように、暖かい愛情を新しい家族にむけていきたいと思います。」

 

社会人になって初めての母の日には

「お母さんが身近にいなくなって、初めてそのありがたみを身に染みて感じています。お盆には帰省しますので、元気な顔を見せてください。」

 

ママになって初めての母の日には

「自分の子供が生まれて、お母さんの気持ちがよく解るようになりました。新米ママの私ですが、困った時には相談することもあると思いますので、これからもよろしくお願いします。」

 

 

このように、現在の自分の状況と絡めて母への感謝を伝えてみましょう。

 

プレゼントも添えるのであれば、そのプレゼントをどうして選んだのか、どこで買ったのかということも書いておくとgood!

あとでお母さんが何度読み返してもこちらの気持ちが伝わるような、素直な文章が一番だと思いますよ。

 

スポンサーリンク

母の日の手紙はどんな便箋や封筒を使う?

母の日に使う便せんや封筒に決まりはありませんが、お母さんが好きそうなテイストの物を選ぶのが一番いいのではないでしょうか。

お母さんが高齢の場合には落ち着いた雰囲気の物を、まだまだ若いお母さんにはポップでキュートな便箋と封筒にすると無難です。

 

何も思いつかない場合には「母の日用」のグリーティングカードを購入して、メッセージ部分に手紙を書き残しても良いでしょう。

グリーティングカードを使用する場合には、写真を入れて飾っておけるタイプの物や、ピンクや赤の花をモチーフとしたものがおすすめです。

 

わざわざ買うのは予算が足りない、という方はメッセージカード付きのプレゼントを選ぶと良いでしょう。

ネット通販で購入すると、無料でメッセージカードが添えられているものが沢山ありますよ。

 

まとめ

母の日に手紙のプレゼント、少し照れくさいですが人生の節目となる時には是非やってみたいですよね。

独り立ちすると、今までは当たり前に感じていた母親の愛情がとても特別なことであることに気づくと思います。

そんな気持ちをカッコつけずにナチュラルな姿勢で書くのが一番だと思いますよ!

スポンサーリンク
おすすめの記事